肌の休息と肌質に合ったスキンケアの方法

自分の肌は乾燥しやすいので、乾燥肌用のスキンケアを施さなければいけないだろうという人は少なくありません。もちろん何もしないのは問題外ですが、スキンケアのポイントはあまり無理をしないことです。たまにはファンデーションもつけず、スキンケア用品を使ったケアだけで終わらせる日もいいでしょう。

お肌に負荷をかけないことで、肌の健康状態の改善効果が期待できます。1日のメイク汚れや、外気に触れたことで肌に残ったほこりやゴミは、家に帰ったらきちんと洗顔をします。乾燥の激しい部分や肌荒れしている部分は除きますが、皮脂の分泌の多いTゾーンはクリームタイプの洗顔料を使ってクレンジングします。メイクをしなかった日は、クレンジングを施す必要はありませんので、ぬるま湯で顔を洗うだけで事足ります。

化粧水は少しずつたっぷりとつけますが、肌荒れによってしみる場合には、無理せず化粧水を休みましょう。肌が乾燥しがちな人は、保湿に有用な成分が入ったスキンケア商品がオススメです。クリームや乳液をスキンケアの仕上げに用いる時には、抗老化作用や、抗酸化作用のある成分が入っているものにしましょう。

つけ心地がさらりとしたスキンケア用品は脂性肌に合いますし、肌への刺激が強くないという人は乾燥肌に対して用いるといいでしょう。肌質ごとに適したスキンケア商品は販売されているので、まずは自分の肌質を理解することからはじめてみましょう。

肌老化の原因と正しいエイジングケア方法

脂性肌の人が間違いやすいスキンケアの方法

肌のタイプには個人差があり、最適なスキンケアの方法も肌質によって変える必要があります。脂性肌の人は、肌がべたつくのが嫌でスキンケアをあまり積極的に行わない人が少なくないですが、肌のためのスキンケアは必要なことです。肌質に関わらず、1日の終わりにはメイクをした日もしなかった日も同じように、しっかりクレンジングをして肌の汚れを落としましょう。

肌に負担を掛けないように、弱アルカリタイプの洗顔料によって、たっぷりの泡を使った洗顔をします。Tゾーンは皮脂分泌量が多いとされていますので、洗顔剤の泡はTゾーンからまず塗っていくようにすることです。顔の皮膚は薄くて繊細なので、こするとしわやたるみの原因になります。洗顔剤をソフトタッチで塗り広げていくように意識しましょう。

洗顔を終えたら、ちょっとずつ化粧水を皮膚に含ませます。お肌が化粧水を十分に含んでふっくらするまで化粧水をつけることで、肌の乾燥を防ぎ、保湿効果を高めることができます。クリームや乳液の使用は必要ありませんが、選ぶならさらっとした肌の表面に残らないタイプがおススメです。脂性肌の人のスキンケアも、洗顔に関しては他の肌質の人と同じ方法です。

脂性肌の場合は、肌のべとつく感触を軽減したいあまり、洗顔にばかり注力して、洗顔後にあまりスキンケアをしないという人もいます。脂性肌の人でも、スキンケアでは化粧水をしっかり使い、肌の水分を補いましょう。オイリー肌の背景には、水分不足がある場合もあります。

スクワランオイルは効果がある?おすすめは?