化粧品の使用とスキンケア方法の見直しについて

毎日きちんとスキンケアを施すことも大事ですが、スキンケアの方法を改善したほうがいいこともあります。どんな化粧品を使っているかや、スキンケアの具体的な方法が、肌の乾燥の原因になることがあります。

化粧品選びでは保湿効果が高いことを重視しているつもりなのに、肌の防御力が低下していて水分不足に陥っていることがあります。皮膚の表層は角質層があり、毛穴からは適度な皮脂が分泌されて、水分の蒸発を予防しています。しかし、スキンケアの方法が適切でないとバリア機能が失われがちで、肌の水分が逃げていきやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

健康な肌を維持するためには、洗顔ケアで清潔さを維持することが重要ですが、洗う時の摩擦で皮膚を傷めてしまうことがあります。顔の皮膚はデリケートなので、強くこするとバリア機能が失われてしまいます。洗顔時には石鹸の泡を顔に乗せるようにして汚れを浮かせます。顔を洗う時にはぬるま湯を使うこと、泡ごしに顔には触れることが、洗顔ケアでは重要です。

お湯の温度が高すぎると皮膚本来の油分まで溶け出してしまい、肌の乾燥が悪化してしまいます。皮膚をこするとダメージになるので、洗顔だけでなく、スキンケアをする時も、気を配ることが大事です。スキンケアを施す時は、有効成分を浸透させたいという気持ちになりますが、こすらないようにします。

基礎化粧品を使う時も、洗顔ケアを行う時も、皮膚をこすらずにケアすることを重視して、お手入れをしてください。

乾燥にはセラミド高配合の美容液がおすすめです

コメントを残す