ダイエットするには無酸素運動と有酸素運動の理解が必要

ダイエットを成功させるには、有酸素運動と、無酸素運動の両方を併用するといいでしょう。無酸素運動とは、酸素を使わず筋肉内のグリコーゲンをエネルギーとする運動で、筋トレなど瞬発的な運動であることが特徴です。一日に消費するカロリーを多くするには基礎代謝の向上が大事ですが、そのためには無酸素運動のような筋肉を刺激する運動が有効です。

有酸素運動は酸素を使って糖や脂肪を燃焼する運動で、ランニング、ウォーキング、水泳など比較的長時間行うことができます。体脂肪の燃焼を促進したい人は、有酸素運動を習慣づけるようにするといいでしょう。有酸素運動でダイエットをするには、20分以上行うことが必要とされています。血液中の脂肪を使い果たし、体脂肪を燃やすに至るまでには、20分以上の有酸素運動が必要になります。

決してハードな運動で無くても良く、ウォーキングなどの軽い運動でも、ダイエット効果が期待できます。ある程度の筋肉があることでエネルギーの燃えやすい体を保てますので、有酸素運動だけでなく、無酸素運動もすることが大事です。無酸素運動である筋トレによって体の筋肉を増やすことと併せて、有酸素運動も進めていきましょう。

継続的な筋トレを行うことで新陳代謝が高くなり、筋肉が衰えている時よりもずっと多くのカロリーを燃やせる体になれます。無酸素運動と有酸素運動をバランスよく取り入れることで、効率よくダイエットできるようになります。

【保湿重視】これなら潤う!おすすめ人気美容液ランキング最新版

コメントを残す